Top >  二重まぶたにはアイプチ!? >  アイプチやテープを長く使用していた際の副作用とは

スポンサードリンク

アイプチやテープを長く使用していた際の副作用とは

アイプチやテープなどを使用している人の中で、「1日中アイプチやテープをつけていれば二重まぶたになりやすい」と思っている人がいるようです。
ですが、1日中アイプチやテープを使用していても二重まぶたになりやすいとはいえないのです。
逆に、ダメージを皮膚に与えるだけで、予期せぬ副作用に悩まされるかもしれません。
気をつけないといけない副作用を挙げてみます。
・まぶたの腫れ、かぶれ・・・この症状が最も多いでしょう。
腫れがひどくなれば、使用前より一重の度合いがきつくなってしまうかもしれません。
・カサカサに乾燥・・・皮膚が滅茶苦茶になるかもしれません。
・色素沈着薬液によって、皮膚が黒くなってしまう。
このような化粧品を使用すれば、苦労せずに二重まぶたができあがりますが、それはそのときだけのことです。
くれぐれも、上記したような危険性が伴うことを覚えておいて下さい。

スポンサードリンク

 <  前の記事 二重まぶた化粧品のリスク  |  トップページ  |  次の記事 いろいろなアイプチ製品  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「二重まぶたでクッキリ笑顔♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。