Top >  二重まぶたにはアイプチ!? >  アイプチのデメリットとは

スポンサードリンク

アイプチのデメリットとは

まぶたの皮膚はとても柔らかいのです。
ですので、比較的簡単にラインを作ることができるのです。
ライン=二重まぶたになることも可能なのです。
そこで、ラインを作り、それを継続させるための製品「アイプチ」が登場となりますが、アイプチはメリットもありますが、デメリットもあります。
今回はデメリットについて紹介しましょう。
アイプチを使用することによって、まぶたが腫れたり、荒れたりというような症状が現れることがあります。
まぶたの皮膚はかなり敏感ですから、肌の弱い人なら症状もひどくなります。
汗・水に負けないアイプチは、容易にはとれないようになっているので、まぶたを傷つけるようなこともあります。
強力な接着性のおかげで、まぶたが変な形で固まってしまうこともあるので、まばたきがしにくくなって、目が乾いてしまう、というケースも見られます。
くれぐれも使用上の注意をよく読まないといけません。
また、ちょっとでも異常を感じたら、直ぐに使用を中止しなければ、とりかえしがつかないほど、皮膚がダメージを受けることもあるのです。
容易で便利という裏には、リスクが潜んでいることを忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 アイプチのメリットとは  |  トップページ  |  次の記事 二重まぶたのための耳ツボマッサージ  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「二重まぶたでクッキリ笑顔♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。