Top >  二重まぶたになる方法 >  埋没法のデメリットとは

スポンサードリンク

埋没法のデメリットとは

二重まぶたの整形手術の一つである「埋没法」のデメリットについて紹介しましょう。
「埋没法」とは5~15分という短時間で終わるとても簡単な手術です。
さらに、自分が想像していた二重まぶたと術後の二重まぶたが違っていたり、不満だったりすると糸をはずせば簡単に元の状態に戻すことも可能なのです。
しかし逆に、自分の気に入った二重であっても、とめてあるだけの糸が知らない間に切れてしまって、一重まぶたにもどることもありえます。
これには個人差があって、1カ月ももたない人もいれば、10年間何にも起こらない人もいるようです。
ほとんどの病院では、保証期間が設けられているようですから、期間内ならアフターケアにも無料で応じてくれます。
また、腫れる期間が短くて済むようですが、腫れがかなりの長期間続くという人もいます。
さらに、糸の結び目が眼球を傷つけてしまうという危険性もあるのです。
この危険性は、まぶたの裏側に糸を通さない手法で、回避できるようです。
このようにいろいろなケースがありますから、いくらプチ整形といえども、熟慮を重ねた上で受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 埋没法のメリットとは  |  トップページ  |  次の記事 二重まぶた化粧品の口コミあれこれ  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「二重まぶたでクッキリ笑顔♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。