Top >  二重まぶたになる方法 >  埋没法のメリットとは

スポンサードリンク

埋没法のメリットとは

二重まぶたの整形手術の一つである「埋没法」について、手術を行うのですから、当然、メリットやデメリットというものが出てきますよね。
埋没法のメリットについて考えてみましょう。
いわゆる「プチ整形」とも呼ばれている埋没法は、現在、最も人気のある二重まぶたの整形手術です。
埋没法の手術方法とは、細くて溶けない医療用の糸で2~3箇所まぶたの裏側をとめて、二重のラインを作るというものなのです。
5~15分というかなり短い時間で手術も終わりますし、費用もお安くなっています。
手術においては、メスを使うことがありませんので傷が残ったりもしないようです。
これまでの二重まぶた整形手術と異なり、ダウンタイム(腫れる期間)がかなり短いのが特徴であるといえます。
手術をしても、全然腫れない人もいますし、手術の次の日にメイク可能な人もいますから誰にも悟られずに受けられるといえます。
もしも、自分が予想していた二重まぶたと違っていたり、不満な結果であったとしても糸をはずすだけで簡単に元の状態に戻すこともできるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 二重まぶたのための整形手術  |  トップページ  |  次の記事 埋没法のデメリットとは  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「二重まぶたでクッキリ笑顔♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。