Top >  二重まぶたになる方法 >  整形手術のデメリットとは

スポンサードリンク

整形手術のデメリットとは

何回も手術を受けるようなことは避けたい、一生、二重まぶたのままでいたい・・・という人には、埋没法のようなプチ整形は不向きです。
そのような人には、まぶたを切り開いて余分な脂肪や皮膚を取り除いて、二重まぶたを作り上げる「切開法」という、手術方法があります。
人によっては、かなりの危険性を伴う手術方法でもあるようです。
費用についても、安いものから高いものまで差が大きいようです。
手術後は、腫れが長引いてしまうケースが多く、もし自分の思い通りにいかなかったとしても、元の状態には戻せません。
ですから、うまくいけば素敵な二重まぶたが、一生続くことになります。
また、埋没法を希望しても、まぶたの状態によって切開法を勧められたりしますから、きっちりカウンセリングを受けなければなりません。
費用はもちろん、アフターケアや保証期間などもしっかり確認しておかないと、後でトラブルが起こったりしますので、注意しましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 整形手術のメリットとは  |  トップページ  |  次の記事 まぶたは遺伝する  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「二重まぶたでクッキリ笑顔♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。