Top >  二重まぶたになる方法 >  瞼板前脂肪とは

スポンサードリンク

瞼板前脂肪とは

ここでは二重まぶたにするための手術について説明します。
まず、切開法について説明しましょう。
切開法とは、「瞼板前脂肪」を除去するために、二重のラインに沿って切り開く方法です。
切開法を受ければ、目の上のたるみも解消されます。
パッチリとした二重まぶたが出来上がり、元の状態にはなかなか戻りません。
ただし手術後、最低でも一週間程度は腫れがひかない、という難点があります。
また、埋没法と比較しても、料金が高くなります。
万が一、自分の思い通りにならなかったとしても、元に戻すことは困難ですから十分、注意しなければなりません。
次に、眼瞼下垂手術についてですが、二重まぶたが出来にくい人の中でも、目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)が弱い人に行う方法です。
眼瞼下垂というのは、目が細く、眉を上げて目を開けることが特徴ですね。
いずれの方法にしても、しっかり病院を選び、じっくり医師に相談しなければなりません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 二重まぶたになる手術方法とは  |  トップページ  |  次の記事 顔のマッサージ  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「二重まぶたでクッキリ笑顔♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。