Top >  二重まぶたになる方法 >  二重まぶたになる手術方法とは

スポンサードリンク

二重まぶたになる手術方法とは

二重まぶたにするための、手術方法について説明しましょう。
まず、埋没法についてです。
埋没法とは、ものすごく細い医療用の糸で、まぶたの皮下を数箇所とめることで二重まぶたを作り上げる方法です。
糸を通すだけですから、短時間で終わりますし、腫れもそれほどではありません。
費用も安くて安心であるといえます。
埋没法を行っても一重まぶたに戻りやすいという欠点がありましたが、技術が進んだおかげで、そのような心配もいらなくなっているようです。
しかしながら、絶対戻らないとはいいきれないのが実情です。
続いて、部分切開法についてです。
部分切開法とは、7mmほど切開をして「瞼板前脂肪」を取り除くことによって、二重のラインを作りやすくする方法です。
しかし、埋没法の針穴から脂肪を除去することが可能になったので、最近では、行われることが少なくなりました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 切開法の成功と失敗  |  トップページ  |  次の記事 瞼板前脂肪とは  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「二重まぶたでクッキリ笑顔♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。