Top >  二重まぶたになる方法 >  切開法の成功と失敗

スポンサードリンク

切開法の成功と失敗

ここからは、二重まぶたの整形手術の体験談について紹介しましょう。
まず、切開法の成功談です。
カウンセリングを受けて、埋没法を希望していたのですがまぶたの脂肪が多い私は切開法を勧められました。
術後、全く腫れがひかず、これはやられた・・・と落胆していたら、3ヶ月ほど過ぎたあたりからナチュラルな二重が現れるようになりました。
1年経過した現在では、くっきり二重まぶたのままです。
続いて、切開法の失敗談です。
医師ともしっかり相談して二重まぶたの手術を受けたのですが、思っていた二重とは全然かけ離れた結果が訪れてしまっていました。
腫れがひけばOKですよ、と言われてから2年以上経ってもまぶたは全く変な状態のままです。
あれほど、医師としっかり相談した上、アイプチという製品を使うのが嫌で二重まぶたの整形手術を受けることにしたのに悔しくて仕方ありません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 埋没法の成功と失敗  |  トップページ  |  次の記事 二重まぶたになる手術方法とは  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「二重まぶたでクッキリ笑顔♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。