Top >  二重まぶたになる方法 >  埋没法の成功と失敗

スポンサードリンク

埋没法の成功と失敗

二重まぶたの整形手術についての体験談を紹介します。
まずは、埋没法の成功談についてです。
私の場合、手術した後もそれほど腫れることもなく、次の日にはメイクをして出かけることができたほどです。
すごくナチュラルな仕上がりで、以前の私を知らない人なら、整形を受けたなんて全然気づかれないでしょう。
聞くところによると、糸がはずれてしまったりするようなこともあるらしいので、保証期間が設けられている病院・クリニックを選ばれた方がいいですよ。
続いて、埋没法の失敗談ですが、切開法と違って「腫れる期間(ダウンタイム)が短い」ことに魅かれて、埋没法を選んだのですが・・・。
手術を受けた直後、目は内出血して赤黒くなって、目をそむけたくなるほど腫れあがっていました。
その後2週間経っても、腫れはちょっとしかおさまらず、整形バレバレの状態でした。
1カ月して、我慢も限界をこえ、元の一重に戻すため病院で糸をはずしてもらいました。
傷が残るようなことはなかったのですが、費用にかかったローンだけは残りました。
ものすごくショックでした。

スポンサードリンク

 <  前の記事 二重まぶたによい足つぼマッサージ  |  トップページ  |  次の記事 切開法の成功と失敗  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「二重まぶたでクッキリ笑顔♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。