Top >  二重まぶたになる方法 >  赤ちゃんのまぶたはなぜ一重か

スポンサードリンク

赤ちゃんのまぶたはなぜ一重か

生まれたばかりの赤ちゃんのほとんどは一重まぶたであるといえます。
それは、両親が二重まぶたであってでもです。
なぜかというと、まぶたについている脂肪によって影響を受けているからです。
ですので、ほとんどの場合、1歳の誕生日を過ぎたころには二重まぶたになっていることが多いのです。
1歳を過ぎているのに二重まぶたになっていなかった場合でも、まぶたの余分な脂肪を減少させたり、目を活発に動かすことによって、二重まぶたになるケースもあるのです。
まぶたの皮膚というものは、ものすごくソフトで変形しやすいものですから、それほど心配しなくてもいいのじゃないでしょうか。
もちろん、「自分の赤ちゃんは二重まぶたがいい」と願うことは、間違いというわけではありません。
でも、一番大切なことは、一重まぶたの赤ちゃんであっても、元気いっぱい健やかに育ってくれることでしょう。
一重まぶたくらいで悲しんでいては、罰があたりますよ。
もっと他に、してあげないといけないことや考えなければならないことが、たくさんあるはずです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 一重まぶたの赤ちゃん  |  トップページ  |  次の記事 アイプチのメリットとは  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「二重まぶたでクッキリ笑顔♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。